着付け 着付レッスン・出張着付けサービス|横浜・鎌倉  
着付レッスン・出張着付けサービス|横浜・鎌倉
  着物基礎知識 出張着付けサービスの詳細 着付け教室サービスの詳細 着付けのよくある質問 飯田昌美プロフィール  



        着物のお手入れ 着物の各部名称と着物のたたみ方について

   着物の各部名称

着物@:肩山(かたやま)  J:褄下(つました)
A:袖丈(そでたけ)  K:褄先(つまさき)
B:袖付(そでつけ)  L:身八つ口(みやつくち)
C:背縫い(せぬい)  M:掛衿(かけえり)
※着付けの際は背中心
D:衿(えり)
E:袖(そで)
F:袖口(そでぐち)
G:衿先(えりさき)
H:脇縫い(わきぬい)
※着付けの際は脇線
I:おくみ線(おくみせん)


   着物のたたみ方【本だたみ】

着物 たたみ方着付け教室 @衿が自分の左側、裾が右側にくるように置く。
裾からたたむ。脇の縫い目で折り上げ、おくみ線より数ミリずらして自分の方に返す。

※着物のたたみ方には、留袖や振袖等の柄をきれいに保つために使われる【夜具だたみ(夜着だたみ)】という方法もあります。

着物 たたみ方
着付け教室
Aおくみ同士を重ねる。更に脇線同士を重ねる。
着物 たたみ方
着付け教室
B裾側はじゃまにならないように軽く折り返しておく。
今度は衿の方をたたむ。まず、衿先や袖を同じパーツ同士重ねる。
着物 たたみ方
着付け教室
C衿は背中心のところで△ができるように重ねてたたむ。
着物 たたみ方
着物 たたみ方
着付け教室
D裾を衿の上に重ね、袖を重ねる。
着物 たたみ方 Eたとう紙の大きさに合わせる。更にたたむ時に裾の方を折る。

※一般的に関西では大きめのたとう紙、関東ではやや小さめのたとう紙が使われていあmす。これは和室の大きさが関西間と関東間で違うことも関係すると言われています。


着物 着物のお手入れAへ>>


着付け レッスン
着付けのサービスメニュー
着付け教室 ホーム 着付け・着物お知らせ
着付け・着物コラム 飯田昌美プロフィール
出張着付け 着付け教室
着物お手入れ方法 きもの基礎知識
着物・着付けよくある質問 着付けレッスンお取引様
着物帯結び集 着物通販



twitter


着付け教室 お申し込みはこちら
出張着付 お申し込みはこちら
着付け教室着付けレッスンのお問合せ 広告・イベント・講演等
着物・出張着付け・着付け教室の質問コーナー

愛昌きもの学院:0120-861-226 神奈川県横浜市中区桜木町2-2 港陽ビル4F
利用規約プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記会社概要お問合せ着付け教室お申込み出張着付けお申込み
愛昌きもの学院 Copyright (C) 2012 All rights reserved
Any unapproved use of texts & visual materials on this website is strictly prohibited